彫銀(ほりぎん)

彫銀は金工(かなく)の末梢という由緒正しき歴史をもつメーカーです。
江戸時代より継承してきた独自の彫金技術をシルバーアクセサリーに応用し、ロストワックス製法をほとんど使わずに、精密彫刻業界では自他ともに認める日本一の熟練彫刻技術職人が、1つ1つ、直接、銀の塊から削りだし、文字や模様を刻み込んで製品に仕上げていきます。
日本古来から伝わる密教や梵字、昇竜などに加えて、家紋、千社札、江戸小紋などのモチーフを日本で初めてシルバーアクセサリーに取り入れたブランドです。
23