花山レザーウォレット・コインケース

「花山」シリーズには全てのプロダクツに金襴織物が使われています。金襴織物とは、もともと安土桃山時代に大陸から伝播した織物のひとつで、金箔や銀箔を混紡した糸を使って織り上げた生地です。
室町時代発祥の煌びやかな北山文化に通じるものがあり、西陣織などは京都の名産になっています。以来、着物や帯、法衣や和装小物など様々な用途に用いられてきました。
「花山」シリーズはバイカーやカジュアルファッションにおけるハードユースを考慮して独自の目止め加工により耐久性を高めたナイロン製の金襴織物を用いているのも特徴です。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0